• 法人向けのタブレットレンタルサービスについて

    法人向けのタブレットレンタルサービスが昨今、流行っています。
    仕事用のデバイスとして、既に定番化したのがタブレットであり、今までの電子機器以上に柔軟に現場で使えます。顧客データを現場でフレキシブルに集めたり、オフィスで作成したデータを本社のクラウドサービスへと素早くアップロード出来る、各自スタッフが時と場所に関わらず、即連絡を受け取れる状態になる等、法人向けのタブレットレンタルサービスのメリットは絶大です。

    東京新聞サイトで情報を入手してみて下さい。

    法人向けの一括購入サービスを活用する組織もありますが、電子機器は製品の入れ替わりがとても激しい分野です。



    一年から二年程で基本ソフトウェアとCPUのスペックががらりと一変しますので、大量に現場へと購入という形で導入すると、返って不便になるかもしれません。

    業務用のタブレットについて解説いたします。

    二年後以降は、現代的ではないスペックの製品をスタッフが使う事になります。


    一方でレンタルであれば、基本ソフトウェアやCPUのスペックがアップデートされ次第、旧型機から最新型へと再び乗り換えればOKです。

    レンタルの方がフレキシブルに使えますし、導入に掛かる費用も安く済みます。

    ipad等のタブレットであれば、世代が変わっても基本的な操作は同じです。

    アプリの使い方やインターフェイスも同じですので、旧型機から最新型へと一括で乗り換えても、現場のスタッフが再び一からスキルを学ばなければいけない、といった不具合はありませんし、アカウントもそのまま乗り換えられます。